ゆるふわ大学生ゴリラの15時

デザインを学んだり、経営を学んだりするゴリラです。京都府北部と京都市内に出没。

8月15日 古民家でカフェオープン

 今日も朝から、というか昨日の晩から古民家掃除、昼はカフェ。僕はなんかそれなりに働きました。古民家は、掃除すればするほど、その建物の特徴とかも分かるようになってきたり、愛着が湧いてきたり。やはり、人が住むために作られた空間は、人が入る方が美しく感じるようです。人の多く往来するのに比例して、古民家の雰囲気も明るくなっていきました。そしてその、少し入り組んだ空間は、普通の公民館のような鉄筋コンクリート造りの拠点である婦人の家の単純な構造と全く別で、いろんな場所でいろんな角度の会話が生まれます。庭の段差にそれぞれが腰かけて、ボール遊びが始まったり。その色々な段差の多さに、いろんな人が腰かけて、いろんな人が集まります。こういった空間で、一体どういったことが起こるのか、非常に楽しみに思います。また、カフェのために、ほとんど空間をまっさらにすると、そうした部屋は非常に綺麗に見えました。なんとも視線の通りが良く、開放的ながらきちんと閉まった空間で、太陽が部屋を照らし、風が空気を撫でます。天井や壁に見える太い木は、それだけで逞しさを感じます。

 

f:id:dondonnot0068:20161015005507j:plain

f:id:dondonnot0068:20161015005515j:plain

 
 カフェは意外と人が集まりました。お祭りもそうでしたが、自分たちが用意した色々に、地域のお客様が来て、それにお金を払って楽しんで頂けるということは、とても喜ばしいことです。僕はその嬉しさに少しニヤニヤしていると、僕の家族が遊びに来ました。遠路はるばる、暇潰しに来られました。彼らは、地元の人と同じく普通に食事をしました。その時一口頂いたチーズケーキがとても美味しかったです。僕はそもそもチーズケーキが好きです。そしてこれは、みんなが普通にフライパンで作ったというのに、そうとは思えない美味しさがありました。いろいろバタバタしたり、狭い準備の部屋にみんなで集まったり、なんだかんだ人通りができると、イキイキとした表情を見せてくれる古民家です。
 

f:id:dondonnot0068:20161015005544j:plain

f:id:dondonnot0068:20161015005549j:plain

 
しぼりたてトマトジュースも、うまかったなあ!