ゆるふわ大学生ゴリラの15時

デザインを学んだり、経営を学んだりするゴリラです。京都府北部と京都市内に出没。

8月16日 息抜きが海水浴と花火大会だから、息が抜けない

 今日は昨日のカフェの成功もあって、息抜きをしようと決めていたので、まず朝は10時頃まで誰も起きないということから始まった。予定よりかなり早く起きた僕は、少し縁側で座って音楽を聴いたりして、みんなが起きるのを待っていた。すると、僕よりさらに先に起きてぶらぶらしていた友人が外から戻ってきた。婦人の家に地域の方が来てくださって、鹿の煮物を持ってきてくれて、そのまま少しおしゃべりした。そして僕たちは古民家に行って戸締りをしたりして、みんなが起きたら雑務が終わってるようにして、帰った頃にはお昼時だった。

 

 

f:id:dondonnot0068:20161015010213j:plain

f:id:dondonnot0068:20161015010220j:plain

 

そのあと、古民家で、もらった鹿肉でバーベキューをした。しかし時間がキツキツで、慌ててバーベキューを切り上げていると、雨が降ってきた。それでも諦めず海に向かった。雨の中の走行はあまりに寒く体力が奪われ、死にそうだった。そんな中かなり長いサイクリングをしたのに、意外とみんな元気だった。僕はすでに海に行けないのではとかマイナスな考えしか浮かばなかったが、とりあえず花火もあるので電車にのりこんだ。与謝野を出ると意外と雨は弱くなり、天橋立では少しぱらつく程度だっりた。その中でみんな心持ちそわそわしながら海に向かった。正面からくるブルーシートを持つ観光客たちを見て、海に入れることを確信した。その確信が高まるにつれて、僕はどんどんテンションが高くなり、隣にいる友人に大きな声で話しかけたものだ。

 天橋立の駅を降りてすぐの寺社を抜けて少し入ると、天橋立の砂浜海岸の一部が海水浴場になっているのがわかった。意味不明なほどの胸の高鳴りでもって、僕たちはその海水浴場につき、着替える。入ったは良いが、クソ寒い。登山で経験したと同じ、雨ゆえの寒さだ。僕は体温調節とかが苦手なのだろうか。ゴーグルもないのも相まって、外よりは暖かい海の中にずっと浸かっていた。海はやっぱりそこがなくて力強くて怖い。ブイに向かうだけで精一杯だった。この寒い海水浴に帰りたさが僕のなかで生まれ始め、あまり好きな時間ではなかった。疲れた僕は、砂浜でダムを造り始めた。子供の頃から、周りと離れてダムを作っていたことを思い出し、それに専念した。そうしてるうちにやっとみんな飽きて、お風呂に入って宮津の花火大会に向かうのだが、どう考えてもギリギリで、もう花火大会見れないのかなーとか思いながら、海の疲れととも尋常じゃないほどイライラしていた。あんまりイライラするので、口数もほぼ減った。案の定、遅延で予定の電車には確実に乗れなくなり、駅で僕たちは疲れ切っていた。だれかの提案で、どこかありける距離で見える場所を探すこととなった。萎えきっていた僕は、それすら嫌で、ずっとぶすぶすして一番後ろを歩いていた。

 

f:id:dondonnot0068:20161015010559j:plain

 

 本当に疲れきって、かなり苛立っていた。それでも橋に着くと、まあまあ綺麗に見えた。そんなまだ機嫌の悪い僕に話しかけてくれる友人が嬉しかった。ここでまた誰かが、砂浜から見るととても綺麗だと提案してくれた。なるほど確かにその通りだと思い、少し機嫌を直した僕は友人を誘って砂浜に行った。夜の海である。その、フレーズだけで最高ではないか。そして小走りで向かうと、その砂浜はライトアップされていてとても綺麗だった。もうそれだけで興奮していたが、そこからの花火も、前よりめちゃくちゃ見えた。なぜかその友人と二人だけで砂浜から花火を眺めることになったのだが、僕らはとんでもない思い出を共有してしまったようだ。普通に花火が綺麗すぎて、僕は興奮しすぎて、むしろ花火に集中できなかった。夜の海に映る花火を見るなんて、なんという贅沢なんだろう。そのあとは、ライトアップされた砂浜を少し二人で歩いた。夜の天橋立は照らし出された砂浜が月面の写真みたいに見えていい雰囲気だった。

 

f:id:dondonnot0068:20161015010628j:plain