読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるふわ大学生ゴリラの15時

デザインを学んだり、経営を学んだりするゴリラです。京都府北部と京都市内に出没。

8月12日 暑い日

 今目の朝は昨日の星空が嘘のように雲の無い薄く青に白をベタ塗りしたような空で、その気の抜けた色に思わずだらけてしまう。そんなあまりに呑気な朝に、ふと思い出し慌てて日記をつけている。
 前述のとおりニヤニヤしながら目覚めた私は、まず、ひまわり畑にみんなで集合写真を撮りに行った。というのも、先の子供たちとのイベント運営のために来ていたメンバーの多くが今日帰ってしまうし、ひまわりが枯れてしまうし、その前に・・・といったわけだ。一気に人が抜け10人ほどになることに少し不安を感じた。なんせ慣れない集団生活であるし、それがまた多く人が減って、どう言った感じで動くのか予想もつかなかったので不安だった。
 

f:id:dondonnot0068:20160921142415j:plain

 
 
 そうして拠点に戻って幾人かが帰る用意を始めていた。大きなイベントが終わった直後ということもあって、昨日より暑くこもった屋内の空気が私たちに少しダラーっとした午後を与えた。みんながそそくさとバスで帰って、その後は、あまりにやることがなかった僕は雑用的な動きをしたり、メンバーと少し話したり。メンバーの人が草木染めに使うひまわりの花びらつみに連いて行って、戻ってきたら今年からの新拠点になる予定の古民家に仮設トイレを持ち込んだ。
 
 

f:id:dondonnot0068:20160921143014j:plain

 
 
まあそんな感じで、特にイベントのない日も、やはり夏である。大したことないようなことや、ちょっとプライバシーなこととか、こういった日こそよく考えてたのかもしれない。日が落ちると、いつものように、風呂に入りに自転車でかける。少し高台を通るその道から見える景色に、昨日のイベントに対するちょっとした達成感を思っていたのかもしれない。なんでもないけど、ずっと家族以外の誰かといて、なんでもないような家事のような用事を忙しくこなしていく。書くこともないような、とはいえいつもとは違う、齢18のゴリラの夏は、こんな感じで過ぎていく。ウホ!